スティーブン・クワンの経歴やプロフィールを紹介!イチローに憧れている理由は?

スティーブン・クワン 経歴

アーロン・ジャッジ選手の三冠王に待ったをかける可能性のある、日系三世のスティーブン・クワン選手が規定打席に到達しました。

一時は3割9分8厘と4割目前まで打率を上げていましたが、最近はやや調子を落としております。

それでも3割6分と高い打率で規定打席到達と同時に首位打者に名前を刻んでいます。

この記事ではすい星のごとくア・リーグの首位打者戦線に登場したスティーブン・クワン選手の経歴やプロフィール、そしてイチロー選手に憧れている理由などについて詳しく解説していきたいと思います。

スティーブン・クワンのプロフィール

スティーブン・クワン画像引用元:Wikipedia

  • 名前:スティーブン・クワン(Steven Kwan)
  • 生年月日:1997年9月5日
  • 年齢:26歳(2024年7月時点)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロスガトス
  • 学歴:ワシントン高等学校、オレゴン州立大学
  • 身長/体重:175.3 cm/77.1 kg
  • ポジション:外野手
  • 投打:左投左打
  • 所属チーム:クリーブランド・ガーディアンズ
  • プロ入り:2018年MLBドラフト5巡目(全体163位)メジャーデビュー: 2022年4月7日
  • 主な成績:2022年、2023年ゴールドグラブ賞受賞

スティーブン・クワン選手は巧みなバットコントロールで高い打率を誇るバッティングが特徴で、イチローさんを目標としているだけに、プレースタイルも似たところが多い選手です。

クワン選手は父親が中国系アメリカ人、母親が日系二世のハーフで、中国系と日系のルーツを持つアメリカ人選手として注目を集めています。

スティーブン・クワンの経歴

スティーブン・クワン選手は現在MLBのグリーンランド・カーディアンズに所属する外野手です。

主な経歴を紹介したいと思います。

  • 2018年:MLBドラフト5巡目(全体163位)でグリーンランド・インディアンス(現カーディアンズ)に入団
  • 2018年:ルーキー級とA-級で計17試合に出場。(打率:.346)
  • 2019年:A+級で123試合に出場(打率:.280、本塁打:3本、打点:39打点)
  • 2021年:ダブルAとトリプルAで計77試合に出場(打率:.328、本塁打:12本、打点:44打点)
  • 2022年:4月7日のカンザスシティー・ロイヤルズ戦でメジャーデビュー
  • 2022年:ルーキーイヤーで147試合に出場(打率:.298、本塁打:6本、打点:52打点)、ゴールドグラブ賞受賞
  • 2023年:MLB2年目(打率:.268、本塁打:5本、打点:54打点)、ゴールドグラブ賞受賞

スティーブン・クワン選手は2022年のデビューシーズンに素晴らしい活躍を見せました。

翌年の2023年は苦戦するシーズンとなりましたが、年間通じて安定的な活躍を果たしております。

今季2023年は怪我で離脱する時期もありましたが、7月4日には規定打席に到達し、ア・リーグの首位打者戦線に参戦しています。

スティーブン・クワンがイチローに憧れている理由は?

イチロー画像引用元:日本經濟新聞

スティーブン・クワン選手はイチロー選手を目標としており、打席に立つ前のしゃがむ動作などはイチローさんが現役時代に見せていたルーティンを真似しています

ここではスティーブン・クワン選手がイチロー選手に憧れ、目標にしている理由について深堀していきたいと思います。

幼少期の影響

スティーブン・クワン選手が子供の頃に、イチローさんがマリナーズで大活躍していた全盛期だったこともあり、イチローさんのプレーを見て育った世代となります。

日本という小さな島国から来た選手が体の大きなMLB選手の中でヒットを量産し、当時パワー全盛のMLBに新しい風を運んできたイチローさんのプレーに全米中が魅了されていました。

日本にルーツを持つスティーブン・クワン選手がイチローさんのプレーに強い影響を受けたことは言うまでもないでしょうね。

プレースタイルが似ている

スティーブン・クワン選手は左投左打で小柄な体格(身長175cm)で、何とイチローさんよりも一回り体格は小さな選手です。

また巧みなバットコントロールを武器に高打率を残すバッティングはイチローさんと類似するところも多く、イチローさんのプレースタイルに自分自身を重ね合わせたのではないかと思われます。

技術面

スティーブン・クワン選手は「イチローのようになりたいと思ってプレーしてきた」と話しており、イチローさんの卓越したバッティング技術や、レベルの高い守備能力に憧れを抱いたのではないかと思われます。

母方の祖父母が山形県出身。子供の頃は当時マリナーズで活躍していたイチローさんを見て育った。「大きな影響を与えてくれた。彼のようになりたいと思ってプレーしてきた」と熱い口調で話す。

引用:JIJI.COM

日系アメリカ人としてのアイデンティティ

スティーブン・クワン選手の母親の祖父母は日本の山形県出身で、日系アメリカ人です。

イチローさんは日本人野手として初めて海を渡り小さな体で数々の記録を塗り替えてきたパイオニアです。

日本にルーツを持つスティーブン・クワン選手にとってイチローさんは特別な存在であるでしょうし、イチローさんが日本人選手としてMLBで活躍する姿はクワン選手に特別な思いを抱かせたに違いないでしょう。

スティーブン・クワン選手の将来の目標は?

スティーブン・クワン画像引用元:スポニチSponichiAnnex

スティーブン・クワン選手の将来の目標については、調べてみましたが情報がありませんでしたので分かりません。

ただ、クワン選手の姿勢や発言などからイチロー選手を目標にしている事は間違いありません。

  • イチローさんを目標にしていると発言している
  • 打席前のルーティンをイチローさんから真似ている

明確な目標は分かりませんが、クワン選手がイチローさんに憧れを頂き目標としていることから、長期的な視点で見るとイチローさんのような総合的な能力を兼ね備えた選手になることが大きな目標になるのではないかと推測します。

ただし、これはあくまで推測であり、クワン選手本人から公表されている訳ではありません。

今後、スティーブン・クワン選手が活躍をしてくることで色々な情報が出てくると思いますので、明確な夢や目標を話す機会がありましたら内容を更新していきたいと思います。

まとめ

以上が、スティーブン・クワン選手の経歴やプロフィール、イチロー選手に憧れる理由などについて詳しく紹介してきました。

オールスターゲームを前にア・リーグの首位打者に登場したスティーブン・クワン選手。

今までは“隠れ首位打者”としてあまり注目されることも少なかったようですが、これで注目度も高くなっていくのではないでしょうか?

日本にルーツを持つスティーブン・クワン選手、本格的な首位打者争いはオールスターゲーム後の後半戦からになりそうですが、今後もクワン選手から目が離せませんね!