堂安律の兄弟は兄が2人の3人兄弟!次男の堂安憂は元プロサッカー選手!家族構成は?

堂安律 兄弟

ブンデスリーガ・フライブルク所属の堂安律選手は、鋭いカットインから放たれる強烈なシュートと、屈強な外国人にも当たり負けしない強靭なフィジカルを武器に、日本代表の10番を背負うまでに成長したアタッカーです。

ピッチ上でのパフォーマンスもさることながら、大舞台で必ずといっていいほど結果を出す、メンタルの強さも魅力の一つですよね。

そんな堂安律選手には、2人の兄がいることは、ご存知でしょうか。

サッカー経験者の2人は、堂安律選手がサッカーを始めたきっかけとなった存在とも言われています。

そこで、今回の記事では、堂安律選手の兄弟について深掘りしていきます。さらに、両親についてや、家族構成も紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

きっと、堂安一家の強い絆が見えてくるはずです。

堂安律の家族構成

堂安律画像引用元:Instagram

堂安律選手の家族構成は、父親、母親、長男、次男、そして三男である律さんの5人家族です。

会社経営者として家族を守る父親と、仕事に子育てに奮闘した母親。サッカーを始めるきっかけとなった2人の兄。日本代表の10番を背負うまでに成長した、堂安律選手の活躍を支えてきたのは、家族との強い絆でした。

2022年W杯カタール大会直前、家族のグループLINEにこれまでの感謝の気持ちを綴っています。

「ここまで来れたのは母さんと父さんがおってくれたおかげだから、ホンマに連れて来てくれてありがとう。(兄2人に対して)ここまでサッカー上手くなったのは2人のおかげやから、ホンマにありがとう。正直結果はどうなるかわからん。やっぱドイツやからボコられるかもしらんし、歴史に名を残せるかもしらん。絶対後悔せんように、自分の目いっぱいの力を本気で出してきます」

引用:文春オンライン

家族への感謝の気持ちを胸に、強豪ドイツとの大一番に挑んだ堂安律選手の姿を思い返すと、胸が熱くなりますね。

堂安律の兄(長男)は堂安麿さん

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿

堂安律選手の兄(長男)は、8歳年上の堂安麿(ドウアン マロ)さんです。

幼少期、浦風FCでサッカーをしていた麿さんは、弟の憂さんと、律さんを連れて、毎日のように近所の公園で練習をしていました。

ボールのスピンのかけ方や、カーブのかけ方など、サッカーの基本技術を理論的に伝えていた麿さんの存在は、堂安律選手のサッカー技術向上に大きな影響を与えたことは間違いありません。

堂安律選手は、「3、4歳のころ、兄貴2人がサッカーをやっていた影響で、物心ついたころからボールを蹴っていた。」と話しています。

その後は、大学までサッカーを続けていた麿さんですが、プロの道には進まず、一般企業に就職したようです。

堂安律の兄(次男)は元プロサッカー選手の堂安憂

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安 憂(@yu.douan)がシェアした投稿

堂安律選手の兄(次男)は、元プロサッカー選手の堂安憂(ドウアン ユウ)さんです。

1995年12月14日生まれの憂さんは、堂安律選手より3つ年上の28歳です。

長男の麿さんと同じ浦風FCでサッカーを始め、その後、セレッソ大阪アカデミー、創造学園高校、びわこ成蹊スポーツ大学を経て、2018年に、J3の「ACパルセイロ」に加入しました。

中学2年の終わりに大きな怪我をして、一度はサッカーをやめていた憂さんですが、中学の恩師からの紹介で、創造学園高校へスポーツ推薦入学しています。

創造学園時代はキャプテンとして活躍し、全国高校総体や全国高校サッカー選手権大会にも出場しました。

そして、「(プロを)目指してみーや!」という、 弟律さんからの背中を押す一言がきっかけとなり、プロ入りを決断するのです。

プロサッカー選手時代

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安 憂(@yu.douan)がシェアした投稿

2018年に加入したACパルセイロでは、ミッドフィルダーとして活躍し、2018-2019年シーズンのチーム最優秀選手に選ばれました。

しかし、2019年10月に、左足内側靭帯損傷という全治8週間の大怪我に見舞われ、同年12月に、ACパルセイロとの契約期間満了をむかえてしまいます。

その後、2020年に「おこしやす京都FC」に加入するも、思うようなパフォーマンスが発揮できなかった憂選手は、所属からわずか1年で現役引退を発表しました。

現役時代に残した成績は、ACパルセイロで「37試合出場6得点」。おこしやす京都FCで「4試合出場」となっています。

サッカースクール開講

NEXT10 FOOTBALL LAB画像引用元:NEXT10 FOOTBALL LAB

大学時代に教員免許を取得していた憂さんは、プロサッカー選手を引退した後、サッカースクール「NEXT10 FOOTBALL LAB」を開校しました。

「故郷、兵庫県尼崎市への恩返しをしたい」という思いを、互いにもっていた、弟律さんとの共同経営です。

サッカースクールのコンセプトは、「次世代の10番を育成する」こと。

現役日本代表選手と、元Jリーガーの経験をもとにした、オリジナルの指導メニューで、世界へ羽ばたく選手を育成しています。

いつの日か、NEXT10 FOOTBALL LABから、日本代表の10番が誕生するかもしれませんね。

堂安律の父・哲也さんは社長

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿

堂安律選手の父親は、会社経営者の堂安哲也(ドウアン テツヤ)さんです。

哲也さんは、3つの会社の経営にたずさわっています。

  • 有限会社 堂安工業
  • 株式会社 浦和機工
  • 株式会社 律心

堂安工業は、管工事や内装仕上げ工事、機械器具設置工事を行っている会社で、哲也さん自身が代表取締役を務めています。

また、母方の祖父である「浦崎一さん」が設立した浦和機工では、取締役として、経営に加わっているようです。

さらに、堂安律選手と、次男憂さんが共同経営するサッカースクール「NEXT10 FOOTBALL LAB」の運営会社として、2018年に「株式会社 律心(リッシン)」を設立しています。

経営者としての手腕もさることながら、家族の強い絆が伝わってくる事業展開ですね。

父・哲也さんとのエピソード

経営者としての手腕を発揮している哲也さんですが、普段の性格は、おとなしく、温厚との情報があります。

「お父さんは家族の中ではおとなしいほうで、温厚な方です。子供たちには自由にさせてあげるタイプ。サッカーをやっていたわけではないんですが、けっこう詳しいんです。テレビで試合を見ているといろいろ解説してくれます(笑) 。」

引用:女性自身

また、海外から堂安律選手が帰省したときには、一緒に食事やカラオケに出かけるそうです。

ちなみに、哲也さんは長渕剛の大ファンで、その影響を受けた堂安律選手も長渕剛が好きになったと、自身のYouTubeチャンネルで話しています。

父と息子、お互いへのリスペクトを感じる、素敵な関係性ですね。

堂安律の母・美幸さんは介護施設を運営していた

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿

堂安律選手の母親は、堂安美幸(ドウアン ミユキ)さんです。

美幸さんは、2019年頃まで、「合同会社 愛幸」という介護施設を運営していました。

さらに、介護の仕事をしながら、父が経営する会社を手伝っていたようです。

その、仕事に対するまっすぐな姿勢に、息子律さんは尊敬の気持ちを抱いていました。

「(堂安律選手の)お母さんは地元で介護施設を運営していたんです。律はそんなお母さんが大好きで、とても尊敬しています。お母さんの話を始めたら止まらないくらいで、マザコンかなって思うほど(笑)」(堂安律選手の友人)

引用:女性自身

母・美幸さんとのエピソード

息子律さんが小学生の頃は、当時通っていた西宮のサッカークラブまで、車を1時間走らせて送迎していました。

さらに、多忙な仕事のかたわら、小学校低学年までは、息子律さんのサッカーの相手もしていたようです。

3人の息子たちの成長こそが、仕事にも子育てにも全力で取り組む、美幸さんの原動力になっていたのではないでしょうか。

堂安律選手は海外移籍をしたときに、母への感謝の気持ちをこめたプレゼントを贈っています。

「律ちゃんは、海外に移籍して初めての給料で、お母さんにプレゼントをしています。腕時計とリュックです。時計はかなりの高級品ですよ(笑)。普段はオシャレしないのに『これ、律に買うてもろたんや』ってうれしそうに使ってました」(祖母の友人)

引用:女性自身

きっと美幸さんは、息子律さんが元気にサッカーをしているだけでも幸せなはず。そんな息子律さんからの、感謝の気持ちがこめられたプレゼントは、本当に嬉しかったことでしょう。

まとめ

今回は、日本代表の10番、堂安律選手の兄弟と両親について紹介してきました。

この記事のまとめは、以下の通りです。

  • 家族構成:父、母、長男、次男、三男律さんの5人家族
  • 長男 麿さん:堂安律選手がサッカーを始めるきっかけとなった存在
  • 次男 憂さん:元プロサッカー選手/サッカースクール「NEXT10 FOOTBALL LAB」を運営
  • 父親 哲也さん:(有)堂安工業および(株)律心の代表/(株)浦和機工の取締役 
  • 母親 美幸さん:介護施設事業を展開する「合同会社 愛幸」を運営(2019年頃まで)

ピッチ上の力強いプレーだけでなく、インタビューでの強気な発言もたびたび注目を集める堂安律選手。その、熱く真っ直ぐなプレースタイルの根底には、「家族との絆」があるのかもしれませんね。

堂安律選手は、「チャンピオンズリーグは自分の夢、ワールドカップは家族の夢」と、言い切ります。

自分の夢、そして家族の夢に向かって突き進む、堂安律選手の今後の活躍に注目していきましょう。