新着情報

ASD project 第1期生フォローアップシンポジウムが開催されました

2022年02月07日 お知らせ

令和4年2月6日(日)、ASD project 第1期生フォローアップシンポジウムが対面およびオンラインのハイブリッド形式で開催されました。運営委員や外部評価委員、第1期生から3期生までの受講生など 名が参加しました。はじめに、滋賀県知事の三日月 大造 様および滋賀県教育委員会教育長の福永 忠克 様からお祝いのメッセージを頂きました。次いで、第1期修了生からASD projectで学んだことや各現場での活動について、本事業により得られた成果や繋がりを意識した展開について報告をして頂きました。また、発達症支援と学術的エビデンスと題して京都市立芸術大学 教授 松井 紫朗 先生より「アートの視点と発達症」、大阪大学 教授 片山 泰一 先生より「子供みんなプロジェクトと大阪府支援体制整備事業の経験からみた京大ASD Projectの意義」、上越教育大学 教授 内藤 美加 先生より「子供の認知発達と教育-記憶研究からのエビデンス」というテーマでご講演を頂きました。最後に、実行委員の義村 さや香 先生よりプログラムの評価に関する報告および、運営委員、外部評価委員の先生方からコメントを頂きました。

今回のシンポジウムを通じて、第1期生の輩出および現場での活躍という成果だけでなく広報やその後の支援という課題も明確になりました。今後は、さらに縦や横の繋がりを意識した支援により発達症支援ネットワークを形成して参ります。