新着情報

第2期生講義「発達症介入論1-③」が実施されました

2021年09月13日 活動報告

令和3年9月5日(日)「発達症介入論1-③」がオンラインにて行われました。うつ、社交不安についての講義では、洛和会音羽病院 神経精神科 副部長の崎濱 盛三先生より、ASDに併存しやすい不安や抑うつについて、その症状やASDのある人に見られる特徴、薬物療法の考え方についてご説明頂きました。次いで、依存症・嗜癖について医療法人北仁会旭山病院 精神科医長の中山 秀紀先生より、アルコールやゲーム依存について研究データを呈示して頂きながら、具体的な症状や介入方法のポイントについて解説して頂きました。ゲーム依存については、幼少期からゲームを習慣的に始めるほどリスクが高いなど、中山先生自身の研究成果についてもご説明頂きました。

崎濱先生、中山先生、ありがとうございました。