新着情報

  • トップ
  • 新着情報
  • 活動報告
  • 第3期生講義「ASD概論(補講)」、「ASDと精神科リハビリテーション」、「ASDと睡眠」が実施されました

第3期生講義「ASD概論(補講)」、「ASDと精神科リハビリテーション」、「ASDと睡眠」が実施されました

2021年06月24日 活動報告

令和3年6月20(日)10時30分より、ASD概論(補講)、「ASDと精神科リハビリテーション」、「ASDと睡眠」が実施されました。ASD概論(補講)の講義では、京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 作業療法学講座 教授の十一 元三先生より、ASDの診断基準に関して再度ご説明頂き、具体的な例を用いて分かりやすく解説して頂きました。ASDと精神科リハビリテーションの講義では、京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 作業療法学講座 講師の山田  純栄先生より精神科における高機能ASDの事例の特徴や対応方法、精神科リハビリテーションの考え方と適応についてご説明頂きました。症例を呈示いただいて、活発なディスカッションが行われました。ASDと睡眠の講義では、医療法人明和会 琵琶湖病院 院長補佐の村上 純一先生より、睡眠の総論からASDやADHDの睡眠の特徴や問題点について研究論文をご紹介いただきながら原因や治療のエビデンスについてご説明頂きました。さらに、具体的な事例を呈示して頂き、アセスメントと治療のポイントについて解説して頂きました。

十一先生、山田先生、村上先生、有難うございました。