新着情報

第9回講義が開催されました

2020年03月02日 活動報告

令和2年2月29日(土)第9回講義「ASDと発達リハビリテーション」、ASDを対象とした音楽療法介入」、「ASDの精神生理とエビデンス」が行われました。ASDと発達リハビリテーションの講義では、京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系 作業療法学講座の加藤 寿宏先生から、ASDにおける行動や学習の背景には感覚の問題が大きく関与していることについて、事例をご紹介いただきながらご説明頂きました。ASDを対象とした音楽療法介入の講義では、白菊園病院リハビリテーション科 音楽療法士の上羽(糟谷) 由香先生から、音楽を用いたコミュニケーションの実際を体験させて頂き、事例を通じてASDに対する音楽療法の効果についてご説明頂きました。ASDの精神生理とエビデンスの講義では、京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系 作業療法学講座の義村 さや香先生から、自律神経活動などの生理学的な手法を用いたASDの非定型的な情報処理の計測についてご説明頂き、eye tracker(Tobii Pro)を用いた視線計測を体験させて頂きました。加藤先生、上羽(糟谷)先生、義村先生ありがとうございました。