新着情報

第6回講義が開催されました

2019年12月19日 活動報告

令和1年12月15日(日)第6回講義「就労におけるASDの問題」、「ASD臨床論2(青年期・大学生)」、「精神症状と精神疾患(2回目)」が行われました。就労におけるASDの問題の講義では、医療法人社団 花水木 札幌こころの診療所 院長の中野 育子先生からASDの臨床像の多様性を考慮した就労支援についてクリニックや事業所での活動などをご紹介いただきながら,就労支援の実際についてご説明いただきました。ASD臨床論および精神症状と精神疾患の講義では、京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻 作業療法学講座の義村 さや香先生から代表的な精神障害の中には一部ASDと類似した症状を有するものがあり、鑑別が重要であるということや青年期・大学生のASDにおいて問題の背景には生活の自由度の高さや多様性の増大が関与している可能性があり、専門医受診し障害の理解を深め、相談機関を利用するなど具体的な対応についてご説明頂きました。中野先生、義村先生ありがとうございました。