松木玖生の年俸は2300万円!海外移籍したらどれぐらい増える?年俸推移も紹介!

松木玖生 年俸

7月3日、パリ五輪メンバー発表会見で衝撃を与えたのは、U-23日本代表の主力として活躍してきた松木玖生選手の落選でした。

さらに、「海外移籍の可能性がある」という突然の落選理由の公表には、誰もが驚きを隠せなかったことでしょう。

そこで今回は、今話題のサッカー選手、松木玖生選手の年俸について深掘りしていきます。

海外移籍したときの年俸予想もしていきますので、海外で活躍する松木玖生選手の姿をイメージしながら最後まで楽しんでみてください。

【2024年】松木玖生の年俸は2,300万円

松木玖生画像引用元:FC東京オフィシャルページ

2024年、松木玖生選手の年俸は2,300万です。

FC東京加入当時から「得点が取れるボランチ」としてレギュラーに定着している松木玖生選手は、2024年シーズンにはDF森重真人選手、MF小泉慶選手とともにキャプテンに任命されています。

松木玖生選手は、21歳の若さながら強靭なメンタルを武器にリーダーシップを発揮。

試合中は、長友佑都選手や仲川輝人選手などの実績ある選手にも臆することなく指示を出し、時には激しい口調で叱咤激励する姿も見られます。

“メンタルモンスター”と評される長友佑都選手も、松木玖生選手のメンタルを高く評価しています。

「メンタルが違う。この世界はやっぱりメンタルが大事なんです。もちろん能力も大事ですよ。でも上に行けるかどうかとか、上で生き残り続けられるかってメンタルにかかってるなと思っていて、彼はそのメンタルの強さを持っています」

引用:SOCCER DIGEST Web

今季も、シーズン前半戦を終え16試合出場2得点4アシストと、数字でも結果を残している松木玖生選手。

FC東京での活躍とともに、話題となっている海外移籍への期待も高まります。

松木玖生の年俸推移

松木玖生画像引用元:Sportiva

ここでは、松木玖生選手の年俸推移を紹介していきます。

シーズン 年俸
2022年 460万円
2023年 2,200万円
2024年 2,300万円

注目すべきは、2022年から2023年シーズンにかけての年俸の急上昇です。

入団1年目は、新人選手に対するJリーグの年俸規定(年俸上限460万円)があったものの、これほどの大幅なアップは、他のJリーグ選手の中には見当たりません。

もちろん、FC東京での活躍は目覚ましいものがあり、ファンの中からは「松木玖生の年俸が安すぎる!」といった声があがるほどです。

2022年シーズンから2024年シーズン前半戦までの松木玖生選手のプレー集をご覧になってみてください。

左右の足から放たれる強烈なシュート、ゴールに直結する正確なプレースキック、フィジカルを活かしたボール奪取。彼のプレーは、入団一年目から独特のオーラを放っています。

FC東京だけでなく、各カテゴリーの日本代表でも輝きを放つ松木玖生選手の年俸が、今後どこまで上がっていくのかに注目です。

松木玖生が海外クラブに移籍した時の年俸予想は?

松木玖生画像引用元:FOOTBALL ZONE

ここでは、松木玖生選手が海外クラブに移籍した時の年俸予測をしていきます。

サッカー選手の年俸は、移籍先クラブの資金状況や、所属するリーグによって大きく変動するため、現在移籍先候補として名前があがっている2クラブをピックアップしました。

  • SCヘーレンフェーン(オランダ1部リーグ)
  • アストン・ヴィラFC(イングランド1部リーグ)

それでは、それぞれのクラブに移籍した場合の年俸予測を見ていきましょう。

SCヘーレンフェーン

SCヘーレンフェーン画像引用元:Wikipedia

松木玖生選手がSCヘーレンフェーンへ移籍したときの年俸は、40万ユーロ(約6,000万円)になると予想されます。

ヘーレンフェーンは、オランダ1部リーグ・エールディヴィジに所属するクラブです。

エールディヴィジは欧州5大リーグではないものの、EU圏外枠の選手に40万ユーロ(約6,000万円)の最低年俸が定められています。

つまり、松木玖生選手がSCヘーレンフェーンに移籍した場合の年俸は、最低でも現在の2.5倍となる6,000万円の年俸になる見込みです。

一方で、ヘーレンフェーンは長期にわたり財政難に苦しむクラブです。

2016-2019年シーズンに所属していた、元日本代表MF小林祐希選手の年俸「30万ユーロ(当時3,860万円)」の支払に困窮した過去もあります。

松木玖生選手の移籍が実現しても、最低年俸40万ユーロ(約6,000万円)からの上乗せは期待できないでしょう。

アストン・ヴィラFC

アストン・ヴィラFC 画像引用元:football -emblem

松木玖生選手がアストン・ヴィラFCに移籍したときの年俸は、1億円を超えることが予測されます。

アストン・ヴィラFCは、プレミアリーグ屈指の名門クラブです。

プレミアリーグではマンチェスター・シティに次ぐ資金力を誇るといわれ、所属選手の平均年俸額は「約8億1,600万円」となっています。

松木玖生選手と同じく、今年で21歳をむかえるFWジョン・デュラン選手の年俸「180万ユーロ(約2億8,900万円)」であっても、アストン・ヴィラ所属選手のなかでは、下から数えて3番目となる低い年俸額になります。

参考:FOOTBALL TRIBE

豊富な資金力を誇るアストン・ヴィラへの移籍が実現すれば、年俸額は1億円を超えていくことは間違いないでしょう。

ただし、そこには厳しいレギュラー争いが待ち受けていることは忘れてはいけません。

松木玖生の市場価値は?

松木玖生画像引用元:中日スポーツ

松木玖生選手の市場価値は、100万ユーロ(約1億6000万円)から300万ユーロ(約4億2,500万円)と報道されています。

世界的に有名な以下の2つの機関も、松木玖生選手の市場価値を算出しています。

  • Transfermarkt(トランスファーマルクト)
  • CIES(スポーツ国際研究センター)

ここでは、2つの機関で算出された市場価値を使って、松木玖生選手の市場価値を解説していきます。

Transfermarkt(トランスファーマルクト)による算出

松木玖生選手の市場価値を150万ユーロ(約2億4,000万円)と算出しているのは、世界で最も有名なスポーツデータサイトのひとつ「Transfermarkt(トランスファーマルクト)」です。

参考:Transfermarkt

Transfermarktによると、松木玖生選手の市場価値はFC東京所属選手の中でトップとなる金額のようです。

順位 選手名 ポジション 年齢 市場価値
1位 松木 玖生 MF 21歳 150万ユーロ(約2億4,000万円)
2位 荒木 遼太郎 MF 22歳 90万ユーロ(約1億4,400万円)
2位 高 宇洋 MF 26歳 90万ユーロ(約1億4,400万円)

FC東京ではダントツの市場価値となっており、松木玖生選手への評価や期待値が、いかに高いかが分かります。

CIES(スポーツ国際研究センター)による算出

松木玖生選手の市場価値を300万ユーロ(約4億2,500万円)と算出しているのは、FIFA(国連サッカー連盟)の関連調査機関である「CIES(スポーツ国際研究センター)」です。

CIESは、2023年に発表した「世界における21歳以下の有望株」の中で、松木玖生選手を6位に選出しています。

参考:BIGLOBEニュース

CIESが算出する300万ユーロ(約4億2,500万円)は、現役日本人市場価値ランキングのトップ30に入る金額です。

Jリーグでプレーする選手のなかでトップ30にランクインするのは、松木玖生選手ただ一人となります。

松木玖生のFC東京での年俸順位は?

東京FC画像引用元:調布経済新聞

ここでは、松木玖生選手のFC東京での年俸順位を紹介していきます。

まずは、FC東京所属選手の年俸ランキングTOP20をみていきましょう。

順位 選手名 ポジション 年齢 年俸
1位 ディエゴ・オリヴェイラ FW 34歳 1億8,000万円
2位 長友 佑都 DF 37歳 1億4,000万円
3位 森重 真人 FW 31歳 9,400万円
4位 仲川 輝人 FW 27歳 7,900万円
5位 エンリケ・トレヴィザン DF 27歳 5,250万円
6位 東 慶悟 MF 33歳 5,200万円
7位 ジャジャ・シルバ MF 25歳 4,600万円
8位 木本 恭生 DF 30歳 4,400万円
9位 遠藤 渓太 MF 26歳 4,200万円
10位 原川 力 MF 30歳 3,800万円
11位 小泉 慶 MF 29歳 3,700万円
12位 白井 康介 DF 30歳 3,400万円
13位 小柏 剛 FW 25歳 2,500万円
14位 山下 敬大 FW 28歳 2,500万円
15位 徳元 悠平 DF 28歳 2,400万円
16位 松木 玖生 MF 21歳 2,300万円
17位 高 宇洋 MF 26歳 2,300万円
18位 荒木 遼太郎 MF 22歳 2,100万円
19位 バングーナガンデ佳史扶 DF 22歳 1,800万円
20位 野沢大志ブランドン GK 21歳 1,700万円

参考:Soccer Money

松木玖生選手の年俸は、FC東京所属選手34人中16位という結果でした。

FC東京の平均年俸が3,290万円ということを踏まえても、クラブ内での松木玖生選手の年俸は平均よりやや下に位置付けられます。

しかし、プロ入り3年目、さらに21歳という若さでの「2,300万円」という年俸額は、高評価といえるでしょう。

松木玖生の年俸は安い?世間の声は?

サッカー日本代表画像引用元:JFA.jp

松木玖生選手の年俸2,300万円は安いのでしょうか。

ここでは、現在Jリーグに所属しているパリ五輪メンバーの年俸をランキングにして、松木玖生選手の年俸を比較していきます。

また、松木玖生選手の年俸に対する世間の声もピックアップしたので、こちらも併せて紹介します。

パリ五輪メンバーとの年俸比較

こちらは、松木玖生選手と同じく、現在Jリーグに所属しているパリ五輪メンバーの年俸をランキングにしたものです。

順位 選手名 ポジション 所属クラブ 年俸
1位 細谷 真大 FW 柏レイソル 3,300万円
2位 川崎 颯太 MF 京都サンガF.C. 3,000万円
3位 半田 陸 DF ガンバ大阪 2,700万円
4位 大畑 歩夢 DF 浦和レッズ 2,400万円
5位 松木 玖生 MF FC東京 2,300万円
6位 荒木 遼太郎 MF FC東京 2,100万円
7位 西尾 隆矢 DF セレッソ大阪 1,800万円
8位 野澤大志ブライトン GK FC東京 1,700万円
9位 藤尾 翔太 FW 町田ゼルビア 1,650万円
10位 平河 悠 FW 町田ゼルビア 1,400万円
11位 高井 幸大 DF 川崎フロンターレ 1,200万円
12位 木村 誠二 DF サガン鳥栖 720万円
13位 関根 大輝 DF 柏レイソル 460万円

参考:Soccer Money

松木玖生選手の年俸は、Jリーグに所属するパリ五輪メンバーの中ではトップ5に入っています。

ちなみに、年俸上位の、細谷真大選手、川崎颯太選手、半田陸選手、大畑歩夢選手は、いずれもプロ入りから5シーズン目を迎える選手です。

松木玖生選手は今季でプロ入り3シーズン目ということを考えると、年俸の伸び率が他の選手よりも高いことが分かります。

年俸について世間の声

松木玖生選手の年俸に対する世間の声を、Xに投稿されたコメントの中からいくつかピックアップしてみました。

プロ入りから順調にアップしている松木玖生選手の年俸ですが、Xの投稿には「年俸が安い」という声が多く寄せられていました。

それだけ、松木玖生選手が見せるパフォーマンスは、サッカーファンを魅了しているということでしょう。

今後の海外移籍が成立すれば、松木玖生選手の年俸は世間でも大きな話題となるはずです。

まとめ

松木玖生画像引用元:SOCCER DIGEST Web

今回は、松木玖生選手の年俸について、さまざまな角度から深掘りしてきました

この記事でのまとめは以下の通りです。

  • 2024年の年俸:2,300万円
  • 年俸推移:FC東京460万円→2,200万円→2,300万円
  • 海外クラブに移籍した時の年俸:6,000万円以上の予測
  • 市場価値:100万ユーロ(約1億6,000万円)〜 300万ユーロ(約4億2,500万円)
  • FC東京での年俸順位:34選手中16位
  • 年俸相場:パリ五輪メンバーのなかではトップ5に入る

今回のパリ五輪メンバー発表会見で、海外移籍が間近に迫っていることが判明した松木玖生選手。

はたして、今夏の移籍は実現するのでしょうか。

今後の移籍動向と年俸推移にも注目していきましょう。